エステがブレイクできない理由
エステがブレイクできない理由
ホーム > 美容 > アイメイクの色使い&チークの入れ方

アイメイクの色使い&チークの入れ方

30代になると、お肌のトラブルが出てきたり、素肌の色味が変化してきたり、悩みが増えてくる頃だと思います。メイクに関しても、20代の頃と同じメークが映えなくなってきていませんか?

 

今日は、30代の方にオススメのメイク術をご紹介します。皆さんが、メイクで一番重視しているところは、アイメイクではないでしょうか。人と会って、まず印象を受けるのも目の部分だと思います。年齢と共に、目の周りが変化していく為、年代にあったアイメイクをすることで、いつまでも若々しい印象でいたいですね。

 

まず、アイラインのメイクですが、一般的に幅広く使われている色は黒だと思います。しかし、ここでオススメするのは、ネービーのアイラインです。以外に思われる方もいらっしゃると思いますが、ブルーがかったネイビーの色は、年齢を重ねた30代のお肌にとても良くあう色なんです。黒よりも明るい印象で目力が増します。

 

次に、チークについてです。チークも、色使いや施す場所によって顔全体の印象が変わってきます。若い頃は、濃い目のオレンジやピンクを選び、頬全体に施す方も多かったと思います。30代からのメーク術としてオススメするのは、薄いピンク系や薄いローズ系の色のチークです。チークを施す場所としては、目じりと小鼻の交差点を中心に伸ばしていきます。この位置にチークを施すことで、顔の骨格がシャープに見えて全体的にスッキリした印象に仕上がります。

女性にとって、メイクは日々の習慣。顔は、人にとって最も自分らしさを表現できるものだと思います。年齢に応じてメイク術を変化させて、これからも毎日輝いていきたいですね。

美容情報満載!ビューティーマガジンはこちらからどうぞ。