エステがブレイクできない理由
エステがブレイクできない理由
ホーム > 現金化 > クレジットカードの現金化は大きく分けて3種類あることに注目

クレジットカードの現金化は大きく分けて3種類あることに注目

クレジットカードの現金化には、いくつかの取引きパターンが確認されています。 

古くからあるのは、商品を購入し買い取らせる方法です。

単純で明快ですが、指定される商品もいろいろで以前は100円均一で販売されているような、意味のないものが大半だったのです。

商品が行来するため、時間もかかってしまう欠点があります。

現在ではEメールタイプのAmazonギフト券を主流としており、簡単に換金することができるようになりました。

取引時間の短縮にも貢献できるため、このパターンの主流になったのです。

 

ほとんど存在しませんがキャンセル型は、クレジットカードの盲点を突きました。

商品を購入し、直後にキャンセルする方法で、現金を返金します。

クレジットカード会社に大変嫌われることで知られ、一見合法的ですが、違法性の指摘もされるようになったのです。

架空取引にあたる可能性があるからですが、非常にリスクが高く、クレジットカードが取引停止になることもでてきます。

 

現在最も多いのが、キャッシュバック付き商品の購入です。

商品購入を条件にキャッシュバックを与えます。

景品表示法に縛られないもので、法的に安全な方法となっているのです。

クレジットカード会社にも嫌われにくい方法で、安全な取引きになってきているといえるでしょう。

 

クレジットカード会社が嫌う取引をすることは、非常にリスキーです。

買取りやキャンセルの方法は、基本的に取引停止処分が下ることも珍しくありません。

特に商品の架空取引の場合には、大きな問題になってきますので、よく考えて選択するべきでしょう。

参考口コミ:http://genkinka888.blog.jp/archives/22850410.html